日日是好日

とりとめのない日常でも大切にするための記録。衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります。

健康はタダではない

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20201005130458j:image

 

セロリのお浸し

トマト・大根葉・ワカメの味噌汁

鶏ひき肉とおからのハンバーグ

大根皮のきんぴら

人参の煮物

 

 

トランプ大統領が、とうとう感染してしまいましたね。高齢で肥満だからハイリスク群なのに、マスクを常時着けず、コロナを甘く見ていました。

トランプよりはマシだけど、ウチの祖父もコロナを甘く見ていました。

『ヨーグルトを毎日食べているから免疫が高い』

『糖尿だけどHbA1cが安定しているから自分には関係ない』

『空気清浄機を使っているから大丈夫』

と言い張っていました。

 

祖父はスマホを持っていますが、コロナに関するデーターや文章を見ても、スムーズに理解出来ません。理解してもらおうと、私が説明しながら見せました。

『空気清浄機でどうにかなるんだったら、原油価格がマイナスになったりしないよ』

とも言いました。相場の話をしたら、少し納得してくれたのですが。

最終的には

『精神的に追い詰めないでくれ』

『感染するとか、亡くなるとか決めつけないでくれ』

と言われてしまいました。

 

祖父の態度が変わったのは、連日、マスコミが報道したからです。それで少しずつ、自分がハイリスク群だと自覚し出して。

マスコミの報道の仕方が過剰だと言う人もいますが。高齢者家族としては助かりました。

テレビで専門家が解説して、それに対してコメンテーターがあーだこーだ言っているのを視聴する方が、ストンと頭に入るのです。

今を生きる若い世代からすれば、祖父のような人は情報弱者のバカにしか見えないでしょう。でも歳を取るって、そういうことなんです。

歳を取れば取るほど、頑固になるし。気力・体力も落ちて、現実逃避してしまいます。自分で物事を調べたりする知的好奇心や、自分を守るための行動力も低下します。特に祖父のように伴侶に先立たれた男性は、それが顕著なのかもしれません。

 

あと、もう一つ言うと。

肥満も含めた生活習慣病にかかっている高齢者ほど、自分がハイリスク群にも拘らず、コロナを甘く見る傾向にあるのかもしれませんね。

(現実逃避をした結果、病気を甘く見た結果、生活習慣病になったわけだし)

 

私が同世代の人に言いたいのは、健康はタダではないということです。祖父も祖母も、それが分からなかったから悲惨な老後になったわけで。

暴飲暴食しても、スリム・健康でいられるのは20代まで。30代のうちから対策しないと、色々と高くつきます。私もそうでしたが、根拠の無い楽観論は自分を不幸にします。

 


糖質制限ランキング