肥満からデニム23インチの食物繊維ダイエット

衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります

糖尿人を責められない

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20201008121159j:image

 

人参の麺つゆチーズ

あげとピーマンの炒め物

トマト・エリンギ・もずくの味噌汁

鯵の干物

白菜とベーコンのミルク煮

 

『白菜とベーコンのミルク煮』はアーモンドミルクとサイリウムを使って超低糖質にしました。

 

 

 

体調は良く、低血糖の症状もありません。低糖質は苦痛ではありませんが、煮干しを25gも食べるのにウンザリしています。うちの猫たちよりも私の方が食べています。

煮干しは塩分も高いし。食べる量を減らして、別のものでタンパク質を摂取します。今日は冷凍庫にあった鱈で埋め合わせました。

鱈に飽きたら、ワカサギでもいいかな?と。業務スーパーに売っているロシア産の『ワカサギ』です。安いのでコスパは申し分ないうえ、高タンパクです。

納豆を追加で、もう1パック食べればノルマは達成できますが。納豆は1パックまでにしています。

(20代の頃、身体のあちこちに痣ができて、白血病の検査をしたことがあります。原因は納豆の食べ過ぎでした)

 

 

スーパー糖質制限をして感じたのは、こんなの365日やるのは無理です。人生から結構な量の楽しみを奪われます。PFCバランス+食物繊維量を常に意識して食べるって、アプリを使用していても、なかなか面倒です。一週間後・二週間後には羽目を外せるから、なんとか続いていますが。

今や、『どらもっちが食べたい』よりも

『タンパク質を忘れたい』

『普通に食事がしたい』

『糖質量を気にせず野菜を沢山食べたい』

に変わってきました。

 

糖尿になった方が、血糖コントロールが上手くいかないのも無理ないです。

1年間やったところで、膵臓がもとの状態に戻るわけじゃないし。自暴自棄になって透析に移ってしまっても、ある意味仕方ないのかもしれません。それを本人の怠慢と責めるのは可哀想な気がします。

 

糖尿にならないよう頑張ろうと、改めて思いました。

 


糖質制限ランキング