22kg減の食物繊維ダイエット

衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります

家事労働はトレーニングより疲れる

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20210302130344j:image

 

さわらの西京焼き

ゴーヤの佃煮

ブロッコリー・モズクの味噌汁

ナスの揚げ浸し

人参の金平

ほうれん草の胡麻和え

 

 

私はコンビニ・銀行のATMで、お金を下ろすのは月に1回までと決めています。

(家族に何かあったときなどの緊急時は例外です)

 

こういうライフスタイルだと、無駄遣いはなくなります。

これと同じことをスーパーでも、やってみようかなと?

 

 

日曜の夜に業務スーパーで、3日分の食材を買い込み。

水曜には野菜室が、ほぼ空になり。

木曜の10時半過ぎにSコープの方が配達してくれます。

これにより『平日、スーパーに行くのは金曜だけ』というライフスタイルになりました。

 

行く回数を減らすと、節約に繋がるのか?

行く回数を減らすと、自分の時間が確保出来るか?

という実験でもあります。

行く回数を減らせば、糖質たっぷりの食品を目にする頻度も減ります。

 

幸い業務スーパーには、私が心惹かれるスイーツが全く無いので安心して買い物出来ます。 

(業務スーパーのスイーツは量が多いし、私には甘すぎます)

 

問題は某スーパーです。ここは品揃えが豊富で、ハーゲンダッツが常に安売りしています。稀に地方の有名菓子なんかを扱ったりするので要注意です。

このスーパーに行く回数を減らすべく、Sコープの購入数を徐々に上げようと思っています。

 

Sコープは割高なので、以前より食費が嵩むかもしれません。それでも、このライフスタイルを続けたいです。

車を所有せず、自転車でスーパーを買いまわる生活に疲れたのです。

私、大阪の郊外で生活しています。車所有率の高い地域なんです! 

 

夫は

『ジムで身体を鍛えているのに、何でそんなに体力ないの?』

と言います。

 

食後血糖値を下げるために、食後はダラダラせず家事労働するようにしていますが。

雨の日にレインコートを着て、大きなリュックを背負って、自転車でスーパーを買い回るのは危ないし、ストレスです。

 

そもそも私は家事労働のためにジムに通っているわけではありませんし。ジムでトレーニングするより家事労働の方が疲れます。

(運動の爽快感とは別の、嫌な疲れ方なんです)

 

親族に元自衛官がいます。その人は同年代より今でも体力があります。そんな人でも、年末の大掃除でヘトヘトになったと言っていました。

『主婦の仕事が、こんなに疲れると思っていなかった』

とも言っていました。

 

夫には

『私は子供もいないし、住宅ローンも組んでいないし、大家さんだから、いつでも離婚できるよ。貴方さえよければ (๑˃̵ᴗ˂̵)』

と、可愛く言ってみました。

 

その甲斐あって。

日曜の夜に、私が登山用のリュックに大量の食材を詰めて帰宅すると。

夫が上階から走って降りてくるようになりました。で、食材を仕分けして冷蔵庫に入れてくれるようになりました。

 

言ってみるもんですね。

 

 


糖質制限ランキング