肥満からデニム23インチの食物繊維ダイエット

衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります

味覚と満腹中枢を正常化

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20210328133822j:image

人参の金平

春菊の酢味噌和え

もずく・舞茸の味噌汁

鮪・ラディッシュバルサミコソース

ふろふき大根

 

 

夫が『これ美味しくない』と言って、饅頭をあまり食べてくれなくて。賞味期限が近いから、私が6個食べて完食しました。

そのあとショッピングモールに行きましたが。饅頭6個食べていたから飲食は一切していません。

帰宅後に刺身蒟蒻・豆乳ヨーグルト・ブルーベリーを食べ。ジムでトレーニング・有酸素運動をして私のマイルドドラッグデイが終了しました。

(今朝、体重を測ったら。300g増量で済みました)

 

このブログを始める前は。

2週間に1度、マイルドドラッグを楽しんでいました。その日は朝から寝る寸前まで食べ倒し、翌日に3.5kg増量もありました。

 

今はもう、そんな気もおこりません。

その3.5kgの殆どは超加工食品です。そんなものが短時間に入ってきて処理するとなると、身体に負荷がかかります。それをヒシヒシと感じられるようになったんです。

 

昔は、それが本当に分からなくて。

一度狂った味覚や満腹中枢は食生活の改善をしないことには戻らないし。そうすることでしか、砂糖のドラッグ感も超加工食品への違和感も生じにくいです。

私がカップ焼きそばを食べられなくなったのも、超加工食品を食べる割合が大幅に減ったからです。

食べる量を減らすだけでは、味覚や満腹中枢は正常に戻らないです。むしろ飢え・渇きが蓄積されていくだけで、暴発するのは時間の問題です。食の改善をしていくと、味覚や満腹中枢が正常になって行動変容が起きるので、リバウンドのリスクは低くなります。

 

月に1kgずつの減量だとリバウンドし難いと言う人もいますが。私はkgの問題ではないと思っています。

 

 


糖質制限ランキング