肥満からデニム23インチの食物繊維ダイエット

衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります

鶏に優しく膵臓に優しく

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20210402122123j:image

人参とあげのタイ風

茄子チーズのトマトソース煮込み

オクラ・もずくの味噌汁

トマトのバジル和え

手羽大根皮のサッパリ煮

 

 

業務スーパーの『冷凍オクラ』『バジルソース』

トマトを切ってソースで和えただけです。

Sコープの『大根』『鶏手羽元』

で煮物にしました。大根の実の部分は明日使います。

 

Sコープの鶏は、窓の有る鶏舎で育てられています。スーパーのよりは高いですが、鶏にストレスがかかっていないからか美味しいです。

 

f:id:orcinusorca0:20210402123132j:image

 

これでも、まだ好環境です。大きな窓があるから風も光も入りますし、狭いけど歩けます。ここでは鶏に抗生物質や抗菌剤を使っていません。こういう飼い方だから出来ることだそうです。

スーパーの鶏肉は『国産』と表示されていても劣悪な環境で育てられている可能性が非常に高いです。スーパーで売っている好環境の鶏肉は『地鶏』です。

 

某スーパーの『国産手羽元』

f:id:orcinusorca0:20210402123859j:image

Sコープは、これの1.5倍の価格です。gは違えど1パックあたり250円くらい違います。夫と2人で分けるので125円。でも味も食感も全然違って美味しいから心から満足出来ます。

125円分の菓子類を買って心を満たそうとするよりはいいかな?と。125円って、いざ菓子類を買おうとすると呆気ないです。ハーゲンダッツは買えません。ローソンの『どらもっち』すら税込180円なので買えません。

そう考えると。

食べる必要のないものに、普段から結構、お金を使っている気がしませんか?

 

美味しいものが食べたいのもそうですが。鶏の実態を知ってしまうと、少しでも貢献したくて割高でも買っています。

私はヴィーガンではないですし、そんなものに傾倒する気は全くありませんが。鶏に対する遣り方は、もう少し何とかならないか?と思っています。

鶏インフルや抗生物質への耐性菌の問題があります。そのあたりのことは、鶏だけでなく人間にも大きく関わってくるので。

関わるというより、人間に対する『しっぺ返し』だと私は思っています。

人間は鶏を経済動物化し過ぎたんです。そのツケをパンデミックという形で払わなくて済むように、何とかならんかな?と思っています。『動物に酷いことして可哀想』という気持ちも有りますが、それ以上にパンデミックは二度と御免です

 


糖質制限ランキング