肥満からデニム23インチの食物繊維ダイエット

衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります

ジャンクフードは思い出と一緒に食べる

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20210427122837j:image

茄子の揚げ浸し

胡麻豆腐

オクラ・もずくの味噌汁

ごぼうのペペロンチーノ

ニシンと数の子の甘酢漬け

小松菜とあげの辛子和え

 

 

 

 

世捨て人にでもならない限り、現代人が365日ジャンクフードを口にしないのは不可能です。

食べざるを得ない状況に追い込まれていると言っても過言ではないです。弁当に冷凍食品を使ったり。スーパーの惣菜を買ったり。共働きで忙しいから夕飯も冷凍食品で済ますって御家庭もあると思います。

 

ジャンクフードを時間の節約に利用するぶんには有りです。最悪なのは独りで居るときに食べることです。

イライラ・クヨクヨを抑えるために食べ出すと、ジャンクフードに依存するようになります。ジャンクフードを精神安定剤代わりにしてしまったら、やめるのは難しいです。

安定剤がわりに、毎日摂取するのは色んな意味で危険です。やめられないし、腸内環境が悪化してデブ菌(ファーミキューテス類)が増殖し、デブ菌が張り切ってカロリーを吸収してしまいます。少ししか食べていないのに太り易い体質に変わるのです。

 

ストレスなんて生きている限り無くならないです。ストレスを感じなくなるのは、それこそ私の祖母のように脳が駄目になってしまって、認知症特有の多幸感まで行かないと無くならないように思います。

ストレスを緩和したいのであれば、それこそセロトニン (幸福ホルモン) の分泌が良くなるような健康的な食生活をすればいいわけで。そしたら勝手に痩せます。

 

自分や誰かの誕生日ケーキとか。ドライブに行った先での御当地B級グルメとか。こういうのもジャンクフードだけど、喜んで食べたら良いです。思い出が付随していれば、依存にはならないです。こういうときのために、普段から節制していれば、体重にも健康にも響きません。

 

有効的なジャンクフードの食べ方は

 

時間を節約したいとき

思い出を作りたいとき

 

最悪な食べ方は精神安定剤がわりやストレス発散目的で食べることです。

これをやり出すと、毎日の食事の質がジャンクになって、生活の質もジャンクになります。そんな日々が続けば人生の質が下がります。私はそのレベルまで行きかけました。

ジャンクフードは合法だけど、依存してしまうと不幸体質になります。腸内環境と脳は相関関係が強いので、脳の処理能力も下がり、メンタルにも悪影響を及ぼします。負の連鎖に陥ってしまうのです。

 


糖質制限ダイエットランキング