肥満からデニム23インチの食物繊維ダイエット

衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります

細胞に餌をやる

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20210520121431j:image

大根皮の姜葱醤煮込み

トマト・もずくの酢の物

トマト皮・オクラの味噌汁

人参のハムマヨサラダ

鶏レバーの甘辛炒め

 

 

 

 

マクロ管理法に変えてから気付いたのは。現代人は『脂質と糖質、両方とも摂りすぎている』ということです。

どっちか一方が悪いではなく、食事バランスが悪すぎて、どっちも摂りすぎているうえに質も悪いです。

砂糖・ぶどう糖果糖液糖などの質の悪い糖質。サラダ油などの質の悪い脂質を過剰摂取しています。

なんで、そんなことになるかというと。その日、自分が食べたいものを食べているからです。自分の好み・自分の気分で食事をすれば、栄養バランスは滅茶苦茶になります。添加物も沢山摂ってしまいます。

好み・気分よりも、身体の細胞たちが求めるものを優先して食べていけば、栄養バランスは整うし、嫌でも勝手に痩せます。

正しい食生活とは細胞の餌やりです。

 

細胞に餌をやる日

自分の好み・気分で食べる日

 

この割合を8:2もしくは 7:3にしていけば、健康的に痩せられます。

自分が不健康な食生活をしているのが分かっているから。テレビで『〇〇が身体に良い』って言われると、買って食べます。

いくら黒ニンニクを導入しても。常習的に菓子を食べたり、過度な飲酒をやめられないなら、意味無いです。黒ニンニクを導入したところで、細胞の餌やりとしては不完全です。

 

黒ニンニクって、高いですよね?

だったら、まず。食べる必要の無い身体に悪い食品から少しずつ減らして行く方が安上がりです。その方が細胞たちの負担も減ります。

 

代謝を上げる=筋トレと思われがちですが。筋肉代謝より2.4倍大きく、代謝全体の44%を占めるのが内臓代謝です。だから内臓の細胞たちに負荷をかけるような食品は、極力摂らない方がいいです。内臓のなかでも特に肝臓の代謝が大きく27%、代謝全体の約1/3に当たります。過度の飲酒はダイエットや健康の妨げになります。

 

食生活を変えたくない→細胞に餌をやる気がない

運動もしたくない→筋肉が落ちたって気にならない、寧ろ華奢見え?

 

痩せられない人の言い分が如何に破綻しているかです。痩せられない人の筋肉が落ちたところで華奢見えしません。寧ろ実体重より太って見えます。

 

私もそうでしたが。

万年ダイエッターはペットや我が子には変なものを与えないようにしても、身体のなかの細胞たちには平気で与えてしまいます。体調が悪いのも痩せないのも、年齢のせいと嘆くのです。

 

細胞に餌を与えるというのが、イマイチ、ピンとこない方は。『はたらく細胞』を視聴して下さい。特にBLACKがオススメです。

 


ダイエット日記ランキング