肥満からデニム23インチの食物繊維ダイエット

衣食住のQOLを上げる工夫・努力を綴ります

消費カロリーに頼らない

本日の肥満糖尿予防メニュー

 

f:id:orcinusorca0:20211021130932j:image

玄米

もずく・ブロッコリー・エノキの味噌汁

大根皮の塩麹

レバーのバルサミコ酢炒め

ごぼうのペペロンチーノ

 

 

昨日は普段より15分多めに有酸素運動をしました。そしたら普段より1.5時間多めに寝てしまい。起きるのが遅かったから玄米を食べるタイミングを失い、昼に食べました。

たった15分多めの運動で疲れた覚えもないのですが、死んだように眠りました。年齢のせいでしょうか?

 

 

先日、登山の消費カロリーが不明瞭だと書いたのですが。自転車もそうなんです。

最近、自転車の消費カロリーを計測するアプリをインストールしました。

 

f:id:orcinusorca0:20211015085431j:image

 

(足の不自由な愛犬を前カゴに乗せて、散歩代わりに自転車で走っています。安全には配慮しています)

このアプリだと24分で100kcal消費していますが。『あすけん』だと127kcalでした。

乗っている自転車の種類・スピード・風速・道の起伏によってカロリーが変わってくるので、カロリーは当てにならないです。

でも、『ダイエット効果が全く無い』わけもなく。車や電車移動に比べれば消費カロリーは高いです。

主に下半身の筋肉を使うので、太腿や脹脛に筋肉がついてくるし。そうすると血糖代謝が良くなるので太り難い体質に変わってきます。

普通に考えても、週に210分ソファーに座ってスマホをイジるよりは、210分自転車を漕ぐ方がダイエット効果はあります。

 

ただ、注意しないといけないのが摂取カロリーです。自転車を漕ぐようになったからって、これまで通り食べていれば痩せません。

どんなスポーツを取り入れるにしてもアンダーカロリーが鉄則です。

(例外は登山です、アンダーカロリーは厳禁です)

アスリートだって、あれだけ運動量があっても。毎日、好きなものを好きなだけ食べられるわけではありません。

運動さえすれば、好きなものを好きなだけ食べられるなんて幻想です。

 

私も週末は暴食しますが、平日はアンダーカロリーです。本来摂ってよいカロリーの8割以下に抑えています。

万年ダイエッターにありがちなのが、『ちょっと運動しただけで食べてしまう』

この悪い習慣をやめない限り、どんなスポーツをしようが痩せません。

 


ダイエット日記ランキング